ニガオエBonBon!公式サイト

イラストレーター山口タカシの似顔絵、イラスト、漫画、日常などについてのブログです。プレゼント用の似顔絵や、似顔絵などのイベントのご依頼を受け付けております!

礼文島に行ってきた話

はい!こんにちは!しーたかこと、山口タカシでございます。

先日初めて北海道に行ったんです。北海道。でっかいどう。

まあ飛行でピューンと2時間程度で着いてしまって、変な話、電車でスタコラ群馬の奥地に行くより早いし快適だったですよね。飛行機だし。飛行機すげえ。

今、震災で大変になってるんだけど、だからこそ素敵北海道の旅を綴るよ!また遊びに行くよ。

 

北海道の北西にある島、それが礼文島

そもそもなぜ北海道に行ったのかというと、友人が北海道にある島、礼文島に移り住んだからなんですよね。それでその、東京に、ある種取り残された数人の仲間で「そんじゃいっちょ行ってみるか」ということで行くことになったのです。

場所的には北海道の北西にある島です。こんな感じです。上の方ね。

f:id:takataka99:20180906180921j:plain

島好きに言わすと結構な島なのかもしれないですが、ボク自身がそんなにマニアックでもないのでわからないのですがね。

ボクは何を確かめたかったのか?

ボクは東京が好きだ。といっても東京にものすごく「すんごい!」みたいに確信を持って薦められる点があるのかというと、まあよくわからなくなってくるのだが。ただシンプルに、この混沌とした街にいることで何か落ち着くものがある、としかいえないのかもしれない。まあその話は置いておきましょう。

しかしこの東京を抜け出し礼文島に住み、友人に「最高に幸せ!」と言わしめるその場所を見てみたいと思ったのです。幸せってなんなのだろうか。

旅の始まり

というわけで、そんなことを考えつつ、写真を交えながら旅を振り返っていきましょう!

羽田から出発

実を言うと、あんまり飛行機に乗ったことがないのです。初めて行ったのがニューヨークで、それから数年後、四国に行くために乗って以来です。はは、笑えよ。いや、笑うなよ!というわけで、葛西から羽田ヘは、なんと!直通のバスが出てるんですね〜〜〜。すごい!と言うわけで、羽田に出発だ!割とできる子なので、特にハプニングもなく着いてしまうのであった。

f:id:takataka99:20180906182427j:plain f:id:takataka99:20180906182409j:plain

f:id:takataka99:20180906182401j:plain f:id:takataka99:20180906182345j:plain


f:id:takataka99:20180906182417j:plain f:id:takataka99:20180906182353j:plain

すんごい天気が良かったのです。空港のざわざわ感。ハリウッド映画な感じ、ある!とか思いつつ写真撮ってたら、仲間が集まってきました。

羽田から稚内へGO!

そんなこんなで出発です。礼文島に行くには稚内に出て、そこからフェリーなんですね。稚内どこかわかるかな?ボクはふわっとしてましたね!ははは。

f:id:takataka99:20180906183325j:plain

ここね。初の北海道なのに札幌とかスルーして最北端て!という気がしないでもなかったです。

稚内からフェリーで礼文島へ!

 そう、昔は礼文島にも空港があったらしいんですけどね。フェリーで行くんですね。フェリーが出るまで割と時間があるんです。なのでちょっと飯で食ったろか、と思って行ったら、ご飯ができるまでの時間に余裕がないと言う理由で、お店に断られました。ギリギリになってお客が困るという事案がよく発生しているということなんでしょうね。残念ですが致し方なし。フェリーに乗って礼文島へ向かいます。

フェリーはゴロゴロできるエリアが多いんですが、ただ並ぶの遅かったり場所とる前にテンション上がって甲板を走り回ってたら場所がなくなってました。

f:id:takataka99:20180906184836j:plain

 あの見ず知らずの子供らと一緒にはしゃぎました。

見えてきた礼文島

ダラダラ2時間ほど過ごしていたら見えてきました礼文島。ちなみに稚内に着いたあたりから天気が悪くて曇り空。しかし東京の灼熱地獄とは打って変わって、めっちゃ涼しかったです。

f:id:takataka99:20180906185127j:plain f:id:takataka99:20180906185118j:plain

カモメが並走してました。ボクのことが好きなのだろう。

礼文島に到着!

着いた時の写真がない!着いたのが5時くらいで、さっそく友達に会いに行ったのです。あら!制服がいい感じに似合ってる!とかで盛り上がってました。

そのままレンタカーを借りてキャンプ場へ!宿が思ったより高かったり取れなかったりで、久種湖畔キャンプ場のロッジを借りることになったのです。なのでレンタカーは必須。なぜかというと最北端にあるからです。日本最北端のキャンプ場らしいよ。ちなみにロッジはレンジも布団も食器もシャワーもあるという、至れり尽くせり。ちなみにバンガローは布団しかないらしい。

f:id:takataka99:20180906200709j:plain

f:id:takataka99:20180906200905j:plain 

右奥にあるのがロッジ。

f:id:takataka99:20180906200858j:plain

久種湖畔。

f:id:takataka99:20180906200912j:plain

そしてキャンプ場。

この日の夜はバーベキューなどしました。うまい!

礼文島をまわる、まずは南の方

翌日はその友人とともに礼文島をまわりました。

f:id:takataka99:20180906201341j:plain

「北のカナリアたち」のロケ地らしいです。「北のカナリアたち」は今度みんなで見ようということになってます。見晴らしがいいところでした。

f:id:takataka99:20180906203041j:plain

ざざーん!

f:id:takataka99:20180906203114j:plain

あひるもいるよ!

f:id:takataka99:20180906203150j:plain

知床!あの知床半島!と思ったけど、ここ島だし、半島じゃないし。

f:id:takataka99:20180906203923j:plain

次は北の方

友人が「あるものを見せてくれる」ということで北の方へと。我々の泊まっている久種湖も近い。金田ノ岬に!

f:id:takataka99:20180906205100j:plain

f:id:takataka99:20180906205157j:plain

 見えるか?見えるのか?あの海にちょこんと出てるのがオットセイだ!!

大きな声で呼んでみた「おーい!」

あいつら見向きもしないのであった。

f:id:takataka99:20180906205330j:plain f:id:takataka99:20180906205338j:plain

礼文島には高山植物が身近に生えてたりするらしい。そして見える海は広大だ。

f:id:takataka99:20180906205513j:plain

基本的に曇ってばっかりなんだけど、時々青い空も見えたりする。

f:id:takataka99:20180906210055j:plain f:id:takataka99:20180906210102j:plain

f:id:takataka99:20180906210110j:plain f:id:takataka99:20180906210119j:plain

ここの山は木が生えてるというよりも、丘みたいな感じで、丈が長めの植物に覆われてるんですよね。なんでだろと思って友人に聞いたら、かつて大火事で丸ハゲになって、あと風が強いもんだから木が生えるということがなくなったんだとか。まあ、全く木が生えてないわけじゃないですよ。行って確かめてくださいね。

お次はスコトン岬にやってきました。

f:id:takataka99:20180906210645j:plain

むむ、絶景。

f:id:takataka99:20180906211336j:plain

らりほ〜〜!

f:id:takataka99:20180906211453j:plain f:id:takataka99:20180906211502j:plain

f:id:takataka99:20180906211445j:plain f:id:takataka99:20180906211438j:plain

暗めの写真が多いでしょ?終始曇り空なんす><

f:id:takataka99:20180906212039j:plain

続いて澄海岬。これでスカイミサキ、と読ませる。現代風やんけ。

f:id:takataka99:20180906211941j:plain f:id:takataka99:20180906211950j:plain

f:id:takataka99:20180906211840j:plain

f:id:takataka99:20180906211854j:plain

どんよりしておる(笑

気づけばもう、日が傾いており・・。

f:id:takataka99:20180906212217j:plain f:id:takataka99:20180906212225j:plain

f:id:takataka99:20180906212233j:plain f:id:takataka99:20180906212241j:plain

場所は久種湖の近くかな。雲が晴れた!

お次はメノウ浜へと。

f:id:takataka99:20180906213224j:plain f:id:takataka99:20180906213917j:plain

ここではメノウ、という鉱物が取れるんだとか。パワーストーンらしいよ。

f:id:takataka99:20180906213632j:plain

f:id:takataka99:20180906214013j:plain

これは桃岩。桃というよりは、いや、なんでもない。

で、近くに割と有名と言われる桃岩荘がある。

f:id:takataka99:20180906214340j:plain

なんか調べたら面白そうだな。

www.shimatrip.comそれと猫岩!

f:id:takataka99:20180906214645j:plain

にゃー!!

このあとは、海鮮物食べてロッジに帰りましたとさ。

ふー、長いね。長いよ!ここまで長いけど、意地でやりきりたい!!

3日目、神社からの桃岩展望台へ!

というわけで3日目です。そう、言い忘れたけど、トータル4日間なのです。ただ1日目と4日目はほとんど移動で終わってしまうのですがね。

今日は桃岩展望台を目指して、さらにそのちょっと先まで行きました。あとはお土産買ったりプレゼント渡したりスイカ割り、お好み焼き食べたりした気がします!

f:id:takataka99:20180906220254j:plain f:id:takataka99:20180906220257j:plain

ここで御朱印をもらいました。最北端の神社!と思いきや、稚内に御朱印くれる最北端の神社があるそうな。

f:id:takataka99:20180906220736j:plain

そう、わりとくまなくいろいろ行ってますが、あとは足を使ってといったところでしょう。というわけで、桃岩展望台から、ちょっと奥の方まで歩いて行きました。まあまあ疲れた!

f:id:takataka99:20180906220926j:plain f:id:takataka99:20180906220950j:plain

ぐんぐん歩く。道が可愛い。

f:id:takataka99:20180906221059j:plain

ながめがいい!

f:id:takataka99:20180906221126j:plain

あそこに見えるは利尻島!

f:id:takataka99:20180906221158j:plain

あそこに見えるは桃岩!

f:id:takataka99:20180906221459j:plain

f:id:takataka99:20180906221612j:plain

f:id:takataka99:20180906221624j:plain

という感じでした。

f:id:takataka99:20180906221731j:plain

この醤油がめちゃくちゃうまくて、ぜひ行ったら買ってみよう!ちょーおすすめ!

4日目

今日はフェリーと飛行機の関係でさっさと島を後にしなければならない!!(泣

f:id:takataka99:20180906221817j:plain

こんなロッジでした。すごく使い勝手が良かったです。

というわけで、一気に羽田に到着!!

f:id:takataka99:20180906221902j:plain

どーん!この記事の出口が見えた!

好きな土地に住み、好きな人と暮らす

幸せというのを形にした場合、何かの成功、お金というのはわかりやすい意味での幸せなのかもしれない。しかしそういう結果ではなく、好きな場所に住める喜びがあって好きな人と暮らせるのだとしたら、そんな幸せなことはないだろう。それをつかんだ友人はすごい。すごいぞ。

友人がなぜその土地が好きなのか、というのは、わかるようでわからない。なぜならボクは東京の方が好きだからなんだけども。いや、めっちゃいいところもわかるよ。落ち着く景色とか、音とか、暗闇とか、まばゆいばかりの夕日とか朝日とか、ゆっくり流れる時間とか。

でも東京だって、ドブみたいだけど、ドブだけに夕日が妙に綺麗だなと思うことがあってだな。まあどうでもいいか。

ボクは東京が好きだ。東京が好きだが好きな人と暮らしたいかといえば、なんとなく違うのかな〜。悩むな。でも、東京に住めることで救われる部分があるのは事実だから、多分やっぱり、東京で好きな人と暮らせたら最高なのかもしれないね。ふむ。そうなのかな。わかんないけども。

旅の終わり

というわけで、仲間といった旅は終わった。楽しかった。

しかしながら平成も終わりに差し掛かって、とんだ災害に見舞われ続けている。みんなで助け合っていけるように行動していけたらなと思うよ。