ニガオエBonBon!公式サイト

イラストレーター山口タカシの似顔絵、イラスト、漫画、日常などについてのブログです。プレゼント用の似顔絵や、似顔絵などのイベントのご依頼を受け付けております!

東京ぬこ探「駒込」

今日は鶴間の方で似顔絵のお仕事でした。
お子さんを描いてると本当にときどき「漫画家になりたい!」とか「イラストレーターになりたい!」みたいなお子さんもおるのです。
小学生高学年とかだけでなく入学前の子供もいるので、そういう時はエールも込めてかなり一生懸命描いてあげるんですよね。(通常もちゃんとやっていますが)
感激してくれたらいいな、と。
結局のところ、人の動機なんていうものの多くは感動なわけですし、描かれて嬉しかったな!みたいな、そういうものが残ったらいいなと思うんですよね。まあ所詮は僕の自己満足なわけなんですけども。

今日のぬこ探

猫の駒込

駒込

駒込も友達が住んでてちょこっといったことがある程度です。
近くに六義園があるらしいんですよね。
六義園、読み方わかりますか?
「りくぎえん」ですからね!
まあボクも今はじめて知ったんですけどね!
その他何かオススメがあったら教えてください!!!

東京ぬこ探「みにくい争い」

今日は友人のたむらがはくの「恋とか愛とか(仮)」という演劇を見にいってきたんです。

home-tv.co.jp
テレビの企画が下地にあって、その上でお話が作られています。
友人同士である登場人物の4つの話が展開します。別々でありながら最終的には関わりのあるひとつのお話としてまとまっています。一つ一つのお話の最後の決断部分、例えば「ここで本当に告白するか、それともしないか」(あくまで例えばです)を観客の拍手によって決定し、観客によって結末が変わるという演劇でした。


何を選択するのかで性格が出てしまうかもしれないので、もしかしたら恋人と一緒に行くと「え!そんな人だったの?」みたいなことが、起こらないとも限らない(笑

構成的には「やらせない女」「童貞の男」「比べる女」もう一個ありましたが忘れましたが・・。
全エピソードが面白かったのはあるんですけど、童貞男の話は単純に面白かったですね。
しかし、恋愛というのはさも恐ろしいものじゃな、と思いました。

本日のぬこ探

f:id:takataka99:20180202231620j:plain

カラス


東京にいると猫以上にカラスがいますよね。しかもちょっと頭よかったりして。
遠い昔、早朝に新宿を歩いていたら、カラスの集団が、まさにエヴァンゲイリオンの劇場版「Air/まごころを、君に」のうなぎエヴァがEVA弐号機を襲うように、鳩さんをボコボコのぐずぐずにしていたのを見てびびったものです。

でもまあ、生き物なので、そもそも猫さんもやるときゃやるわけですし、生きるというのはかくも厳しいものなのですね。

東京ぬこ探「田端」

昨日はひょんなことからいろいろな人に会いました。その中にすでに第一線で芸をなしているお人が何人かおりまして、いろいろお話などさせていただきました。

ボクなんかは未だに小さなことで悩んだりしてしまうんですよね。ふわっとしてるところがあるというか。語る言葉もひ弱いところがあります。

しかし、第一線で芸を為す人というのは、まあいろんな人がいるとは思うんですけど、語気も強くてビシッと、これはこういうものだ!と言える強さがあるように思いました。

積み重ねで得る自信のようなものを感じました。見習う、というよりは、自分自身で何を積み上げていくのかというのを考えて進んでいきたいものです。

何かいいことを言ったようで、中身がないですけども。

今日のぬこ探

f:id:takataka99:20180201214241j:plain

 

田端

田端、友達が住んでて、何回か行ったことがあるんですけど、それ以来ぶりです。しかもこのイラストの駅は南口で、そこそこ長い階段をえっちらおっちら降りないといけない場所にあります。

山手線の線路沿いの道が位置的に高い場所にあって、散歩するのは気分がいいんですが、駅周辺、探索をあんまりしたことがないです。何があるのだろうか。機会があれば歩いてみます。